袋物の収納と機能について、いつも本気で真剣に考えています。

その答えのひとつが「I-RE-KO-TOTE」(入れ子トート™)です。

想像してください。

小さい引き出しがたくさんあるチェストと
大きな引き出しを開けたら適度に仕切られていて、探したいものがすぐ見つかるチェスト。

小さな引き出しがたくさんあるチェストも、物を収納したご本人にとっては便利でしょう。どこにあるかも覚えています。

カバンの中を自分以外の人が見る機会なんてない、と思っていませんか?
子育て世代の方なら、お子さんの物をお父さん、お母さんお二人ともが探します。

色々な種類の物がたくさん入る鞄。入れるときは何でもかんでも簡単に入れることができますが、いざ何かを取り出そうとするときに、入れたときと同じ場所に物が収まっていることがありません。

かばんのあちこちにたくさんポケットがついている場合も、どこに入っているのか探すのに一苦労ですよね。

「小さな引き出しがたくさんあるチェストと、大きな引き出しのチェスト、そして大きな引き出しの中が仕切られているチェスト」
どれが自分にとって便利か本気でお考えいただけたら、貴方のバッグ選びも変わるかもしれません。

整理収納アドバイザーがバッグを作ると、収納だけではなく動線にもこだわり、中身を取り出す動作そのものが美しくスマートになるものが出来上がります。

整理整頓は細かくしすぎず、大まかに分類できるスペースがほしいとお考えの貴方に。そして持ち物が多い、でもスタイリッシュに決めたいとお考えの素敵な貴方に、ぜひお使いただきたいと願いを込めて製作しています。

入れ子トート™は登録商標です。また、入れ子トート™は「3室以上に仕切ることが可能な袋物の内袋」として特許を取得しています。